波佐見町「はすわ診療所」(外科、消化器科、内科、麻酔科、入院、病院、クリニック)長崎県東彼杵郡

長崎県東彼杵郡波佐見町「はすわ診療所」(病院・クリニック)外科,消化器科、内科、麻酔科、入院、小児科。インフルエンザ予防接種等も。サービス付き高齢者向け住宅のメゾンやしま併設。

点滴療法について

高濃度ビタミンC点滴療法

はじめに

高濃度ビタミンC点滴療法は、アメリカ「リオルダン・クリニック」にて30年以上の実績を持つ点滴療法です。
1959年、カナダのWilliam McCormic医師が「ビタミンCはがん治療に有用である」と言う仮説を立てたところから始まり、現在、アメリカでは「がんの補助療法」として広がっています。
日本でも、いくつかの施設で「がんの補助療法」として、「リオルダン式高濃度ビタミンC点滴療法」を行っている施設があります。
しかし、保険適用をうけていない療法なので、施行できる施設はかぎられています。

ビタミンCは次のような作用をもつ栄養素です

免疫力を高める (免疫細胞の活性化)
抗酸化作用 (活性酸素を除去するシステムの1つを担う)
抗腫瘍効果 (腫瘍細胞に対する毒性の機序が提唱され、臨床研究が日本でも進行中)
抗ウイルス作用 (不活化が実証されているウイルス⇒インフルエンザ、ポリオ、ヘルペス、コクサッキー、狂犬病)
酵素の働きを助けて解毒作用を発揮 (アルコール、一酸化炭素、放射線等)
コラーゲン合成
メラニン産生抑制

病気を抱えている方の細胞内ではビタミンCが著しく不足しています。
さらに、ストレス社会の現在は病気を患っていなくても、ビタミンC不足が考えられます。経口摂取でのビタミンC取り込みには限りがあるため、細胞が必要とするビタミンC濃度の到達には点滴が効果的とされています。

高濃度ビタミンC点滴療法が適応となる主な疾患

次のような疾患に適していると考えられます。

  • ・がん、前癌病変
  • ・感染症 (C型慢性肝炎、慢性気管支炎 など)
  • ・神経疾患 (うつ病、統合失調症、注意欠陥多動障害 など)
  • ・膠原病、アレルギー疾患(慢性関節リウマチ、喘息、アトピー性皮膚炎など)
  • ・血中ビタミンC濃度が低いと予測される方
  • 風邪をひきやすい、疲れやすい、ストレスを強く感じる、
    不安な気持ちになりやすい、 など。

ただし、高濃度ビタミンC点滴療法は、従来の治療に取って代わるものではありません。現在の治療も合わせながら行っていく必要がある場合もあります。

高濃度ビタミンC点滴療法を受けられない病態

・高濃度ビタミンC療法でアレルギー反応を示す方 ・重度の心不全、腎不全の方
高濃度ビタミンCを使用することで心臓や腎臓に負担がかります。
・G6PD欠損症
先天的にG6PDという酵素の働きが弱い方がいらっしゃいます。 この場合、高濃度ビタミンC(25g以上)を点滴すると、溶血(赤血球が壊れる)する場合があります。そのため、事前に検査をうけて頂きます。
・抗がん剤;メソトレキセート、ベルケイドによる治療中の方
メソトレキセート投与中の方に行うと、薬剤の結晶が尿細管に沈着してしまいます。その為、投与24時間、投与後48時間はビタミンC点滴ができません。 ベルケイドは、ビタミンC投与により効果が減弱するため、投与前後12時間は、経口・点滴ともビタミンC投与できません。

高濃度ビタミンC点滴療法での合併症

上記の様な、点滴療法を受けられない合併症のほかに、以下の様なものがあります。

・吐き気・頭痛
大量のビタミンC輸液で血中浸透圧が高くなり、起こることがあります。
・低血糖、低カルシウム血症
ビタミンC点滴により、インスリンが分泌され低血糖を起こすことがありますので、必ず食事をしてきてください。
また、低カルシウム血症はビタミンCがカルシウムを奪ってしまう為です。
点滴中に手などがつる感じがあるときはお知らせください。
・打撲部位の内出血
打撲等があった場合、点滴後に内出血を起こすことがあります。
・血管痛
浸透圧の高い製剤のため起こります。痛みがある場合はお知らせください。
・腫瘍壊死・出血
極めて稀ですが、大きな腫瘍で、これが壊れて出血を起こした報告があります。

糖尿病患者様へのご注意

高濃度ビタミンC点滴施行後に家庭で用いられる簡易血糖測定を用いて血糖測定をしますと、異常高値を示すことがあります。これは、測定器がビタミンCとブドウ糖を識別できないためです。
実際に血糖値が上がっているわけではありません。

血糖値の誤認を防ぐため、点滴終了後8時間以上経過してから、血糖測定を行うようにして下さい。

高血糖を勘違いされてインスリンを打ち、低血糖になった患者様の報告があります。

検査会社での血糖値、HbA1c検査では、高濃度ビタミンCで影響は出ませんが、念のため高濃度ビタミンC点滴を受ける前に採血を受けられてください。
また、ビタミンCの経口摂取では、このような事は起こりません。

はすわ診療所での点滴療法

当院では点滴療法を、
「患者様自身が持っている治癒能力をサポートする医療」
ととらえ、努力させて頂きたいと考えています。
患者様と出来るだけ十分に話し合い、問題点を探し、目標を持って、それに向かう改善策を考えていくような医療を目指しています。
そのため、高濃度ビタミンC以外にも、提供できる医療(保険適応内・外の検査、生活指導・栄養療法、その他の点滴療法、等)を提案させて頂くこともあります。

治療までの流れ
① 面談/身体について悩んでいる事、困っている事について、教えて下さい。
② 計画/目標を考えましょう。一緒に方針をたてていきます。
③ 説明/治療内容、費用についてお話致します。
④ 同意/十分理解し、納得して頂いたところで同意書にサインを頂きます。
⑤ 治療を開始します。日程など決めていきます。

点滴療法の実際

治療は予約制で行います。

初回 上記の①~④まで含む診察、説明、必要な検査を行います。
可能な場合、ビタミンC=12.5g(30分)を投与します。
2回目以降 段階的にビタミンC量を増やしていきます。(点滴時間)
25g(50分)、50g(75分)、62.5g(90分)、75g(105分)

点滴量・頻度は、疾患や症状、目的によって異なります。

治療効果を判断するために、診察、必要な検査(採血、エコー等)を行います。

点滴後はリバウンドによるビタミンC濃度が通常より下がるため、ビタミンCの内服が必要になります。また、疾患によってはビタミンC濃度を維持するために、ビタミンC内服の継続が勧められます。

料金について

高濃度ビタミンC輸液
初回 15,000円
問診・診察、検査(G6PD検査を含む)、ビタミンC(12.5g)点滴治療。
2回目以降 12.5g  8,000円
25g  13,000円
50g~ 20,000円

他、ビタミンC処方、各種検査(血中ビタミンC濃度測定 など)には別途料金がかかります。

マイヤーズ・カクテル輸液

初回 7,000円  問診・診察・検査などを含みます。
2回目以降 4,000円

保険外診療検査(自費診療)

血中ビタミンC濃度測定 4,000円
遅発型食物アレルギー検査(IgG検査) 25,000円
毛髪ミネラル検査 有害+必須+参考ミネラル 10,500円
有害ミネラル 6,300円
救急受付・お問い合わせ 0956-85-5221
点滴療法について
はすわ診療所外観

はすわ診療所

〒859-3726
長崎県東彼杵郡
波佐見町稗木場郷1272

救急受付・お問い合わせ TEL0956-85-5221

個人情報保護方針

  • 高齢者専用賃貸住宅 メゾンやしま
  • 看護師・准看護師 求人情報
  • はすわコラム
  • 医療法人 蓮輪会 はすわ診療所 Facebookページはこちら