波佐見町「はすわ診療所」(外科、消化器科、内科、麻酔科、入院、病院、クリニック)長崎県東彼杵郡

長崎県東彼杵郡波佐見町「はすわ診療所」(病院・クリニック)外科,消化器科、内科、麻酔科、入院、小児科。インフルエンザ予防接種等も。サービス付き高齢者向け住宅のメゾンやしま併設。

はすわコラム

玄米食

2013/04/04

 

副院長の別府幸岐です。
今回は「玄米食」についてです。

結論から言いますと、「玄米は食べたほうが良い」が私の意見です。
以下がその理由です。

ご存じのとおり、玄米は米から籾を取っただけの状態で、これをさらに精製し糠部分を取り除いたものが、白米です。

「玄米食が良い」と、以前から言われています。
これは、食物繊維、ビタミンB、ビタミンE、鉄、カルシウムなどが糠に含まれ、精米することでこの栄養分を捨ててしまう事になるからです。

しかし、これらの栄養分は他の食物からも摂れるので、「無理に玄米を食べなくてもいいのでは?」とも思えます。
また、玄米食を否定する意見として、残留農薬が多い、フィチン酸(ミネラル吸収を妨げる)やアブシジン酸(ミトコンドリアを障害)が多い、等があることも事実です。

私自身も以上の様な否定的な意見や、玄米を炊く面倒くささから、白米で良いのではと思っていました。また、「玄米さえ食べればいい」とは「玄米信仰」のようで、エビデンス(証拠)を欠いた意見のように感じていました。

ところが、逆私の様なめんどくさがり屋が心のより所としてしまう、研究を知りました。

玄米の重要な成分に「γ‐オリザノール」があります。
「γ‐オリザノール」はほぼ糠に特有の成分です。
これが、メタボリックシンドロームの予防に一役買う可能性が高いようです。

現在の日本の食事は「ジャンクフード」、言い換えれば「高脂肪食」とも言えるでしょう。
「高脂肪食」や「精製砂糖」は薬物依存のように、満足するため摂取量が増えていく作用があります。こうして過食になり、メタボリックシンドロームに陥る危険性はとても高くなります。(「脂質」と「精製砂糖」が過食を招く機序はここでは控えます。)

実験により、γ‐オリザノールを混ぜたエサを与えられたネズミは、「脂質」による過食のメカニズムをリセットされ、食事摂取量が減る、つまり正常に戻ることが確認されました。

つまり、人においてもγ‐オリザノールを摂取することにより、過食を予防しメタボリックシンドロームを予防できる可能性があるのです。
この事は、特にコンビニやファーストフードに慣れた子供達にとって重要なことです。

そこで、めんどくさがり屋の私は「玄米さえ食べとけば、現代社会の食問題をリセットしてくれるのでは!!」と玄米食に走りました。

もちろん、残留農薬の問題はあるので、できれば信頼できる所からの購入が良いでしょう。
また、フィチン酸やアブシジン酸は、1晩水につけ十分吸水させ発芽させることで軽減できるようです。

ご意見はあられる方もいらっしゃると思いますが、ここまでが私が学んで得られた意見です。

救急受付・お問い合わせ 0956-85-5221
点滴療法について
はすわ診療所外観

はすわ診療所

〒859-3726
長崎県東彼杵郡
波佐見町稗木場郷1272

救急受付・お問い合わせ TEL0956-85-5221

個人情報保護方針

  • 高齢者専用賃貸住宅 メゾンやしま
  • 看護師・准看護師 求人情報
  • はすわコラム
  • 医療法人 蓮輪会 はすわ診療所 Facebookページはこちら